平素より「せど楽」シリーズをご愛用ありがとうございます。
株式会社サプライズ開発部の清水です。

以下のとおり「せど楽MK-II」と「せど楽Pro」を
バージョンアップしましたのでお知らせします。

せど楽MK-IIは以下のとおりバージョンアップしました。

1.
これまで同一SKUで繰り返し販売していた場合に
エクセルファイルの取り込みで在庫のない商品が
消せませんでしたが全て消えるようになりました。

せど楽Proは以下のとおりバージョンアップしました。

1.
これまで同一SKUで繰り返し販売していた場合に
エクセルファイルの取り込みで在庫のない商品が
消せませんでしたが全て消えるようになりました。

2.
古い雑誌を出品しようとしたとき警告が出るようになりました。
通常出品で3500日以上前の雑誌を検索したとき
10年経過の赤文字が出ます。
疾風出品で3500日以上前の雑誌のデータ取得をしたとき
背景が黄土色になりポップアップメッセージが出ます。

3.
ピッキング票に新しい様式が追加されました。
以前のピッキング票と比べて主に以下の点が異なります。

・レイアウトが変わり文字が少し大きくなりました。
・連番の他に棚コードの印刷が選べます。
・ASINのバーコード印刷が選べます。
・SKUのバーコード印刷が選べます。

特に棚コードとバーコードが分かりにくいので説明します。

出品数が1000点くらいなら頑張ってピッキングできていても
1万点や10万点となってくると倉庫から探すのも一苦労です。
そこで一般的にはピッキングするときの為に出品時に
どの倉庫のどの棚に保管するのかという情報をあらかじめSKUに
埋め込んでおき、それを見ながらピッキングするという手法を
とるようになってきますが、このインデックス情報にあたる
文字を強調して印刷するのが棚コード機能です。

・出品日順に並べている場合
例えば、せど楽で自動SKU付与している場合の
20180418-001
のような日付+連番のSKUを付けているとき、
倉庫内の棚にはSKU順に保管していることが多いのですが、
このときは先頭から4文字目から6文字目までの年の末尾1桁と
月の2桁である804が分かれば素早く探すことができますので
ピッキング票に大きく804と印刷します。

・出品月別に並べている場合
同様に日付+連番のSKUを付けていても、棚を12個用意して
1~12の月番号のサイクリック型の場合は月の2桁を印刷します。
20180418-001
であれば5文字目から6文字目までの04と印刷します。

・SKUの先頭に棚コードを付けている場合
その他のパターンとして
E6-20180418-001
K3-20180418-002
のように商品毎にSKUの先頭に倉庫コード+棚コードを付けて
ジャンル毎に倉庫を分けているような場合は
先頭2文字を棚コードに指定すると便利でしょう。

バーコードは主に他社の在庫管理ツールやピッキングツールを
併用している場合にご利用ください。ASINまたはSKU、
もしくは両方のバーコードをそれぞれ印刷することができます。
専用のソフトを使っていなくても、せど楽やアマゾンのサイトで
ピッキング結果の確認としてASIN検索している場合にも使えます。
また、バーコードの規格はCODE128です。

上記、対応版の「せど楽MK-II」最新バージョンは2.18.5.21
「せど楽Pro」最新バージョンは3.18.5.21 となります。

せど楽を再起動いただきますと、自動バージョンアップされます。

今後も、より強力な製品を提供していきますので
「せど楽」シリーズを、よろしくお願いします。

関連記事